スポンサーリンク

やっていきます!
ロマサガRS!!

今回はイベント魔塔ロックブーケ」をやっていきたいと思います!

ロックブーケと言えば、テンプテーション…。

Normalモードでは、野郎パーティー第一陣でも勝つことができました!

自力が高かったおかげか、テンプテーションにかからないもいたのです!

ですが、ロックブーケを仲間にするHardモードでは、テンプテーションに見事にかかり、全滅

これは新たな手段をとらなければ…ということで、やっていきましょう!

1.邪気を放つ魔塔

ようせいかいぞくヤローコーデリアゲン
それと…テリーだったか?
つづけざまに(グレイヴ)をこーりゃくして、ちょーしにのってんな」

そういうなって!

そんな一行凄まじい塔を見つけたようです。

ようせいおいらが知るかよ。でも、こいつは魔塔だぞ。
ほんとに入るのか?」

ー塔・内部ー

モニカ―!

モニカモニカ・アウスバッハゼノン候祖先ゆえ今は彼に力添えを」

ジュウベイ拙者ジュベイ
数百年前は東方のヤウダ王国に仕え、

今日はソウジじゃないのね。

アマゾネスジャンヌ

ジャンヌ「だがと口をきくつもりはない。
話しかけてくるなよ」

ブラック「何なら俺が手取り足取り教えてやっても…」

ブラックよ…。

ジャンヌに一撃にされるブラック

ポルカ「頂上までどれだけかかるかわからない。先を急ごう」

さようならブラック

モニカブラックさんは?」

モニカ優しいなー。

ポルカ「捨てていく。目が覚めたら、かってに追いかけてくる」

そうかそうか、ブラックポルカ初めての仲間だもんね!
追いかけてくるよね!

3.ヴィジョン

ノエル兄さん

ロックブーケ!(なんて可愛いんや…!)

ノエル「もうあきらめて花嫁修業でもしてろ。
お前ももうそういう歳だ」

ロックブーケにとってはお兄様を倒すことこそが花嫁修業の第一歩です」

どんな花嫁修業なの…(;´・ω・)

ロックブーケ部隊に入り、活躍できれば、ワグナス様の助けにもなりましょう」

ノエルワグナス貴族だ。俺たちとは身分が違う。叶わぬ夢を見るな」

ロックブーケワグナスの事好きだったのか…。

ジャンヌも衝撃を受けています。

ポルカ「…今のが、このに囚われた者の過去の瞬間なのか?」

モニカ「…ええ。塔士たちはヴィジョンと呼んでいます」

ようせい「わあーっ!!
そいつを教えるのは
パイセンであるオレの役目だ!」

ようせいさん…小さいのに態度がデカい!

6.塔士が持つ力

モニカ塔士の事など、色々と教えてくれます

モニカ「けれど、上層エリアに通じる階段を具現化させるには、
各エリアに残存する
過去の断片ヴィジョンを視なければなりません」

そのヴィジョンを視たおかげで、ブラックを仲間にできたものね(*´▽`*)

モニカ「つまり、ヴィジョンを視ることができなければ、
異界の戦士
解放することもできない
ということです」

ポルカ「わかったけど…
お前が説明して
くれるんじゃなかったのか?」

ポルカパイセンにそんなこと言うなよー(‘ω’)

ようせい「こまかいことを気にするだ。
だから、カナヅチだし
女にモテないんだぞ」

そうだそうだー!

ポルカ「……」

ポルカたちをよそに、ジュウベイシリアスモードに戻ります。

こっちは早くに会いたいんだ…!

9.殺気の正体

殺気を放っていたのは、ブラックでした。

ブラックなら大丈夫でしょう(*^^*)

ブラック「…はいはい」

そう言ってブラックは…

全然懲りていませんでした…。

スポンサーリンク

ようせいさんにまで言われるなんて…!ブラック…!

さようなら、ブラック

12.何とかしましょう!

会えたー!

ポルカは…
ここで何を?」

ようせいコゾー
こいつもヴィジョンだ。
てきとーに話をあわせろ」

ロックブーケ「ここのモンスターたち
物ともせずに、ここまで
たどり着くなんて…」

ロックブーケお馴染みのセリフですね。

ロックブーケ「とっても強いあなた
見こんで、お願いがあるの」

喜んで!

ポルカ「…今は最上階
行かなきゃならないから、
何ともできないな」

ようせい「だから話をあわせろって!」

ポルカ「あ!そうか。
わかった。
俺たちで何とかしてみよう」

そうそう。

15.魅惑の瞳

そうでしょうね。

モニカ「扉の前に立つ
青い髪の美しいお方ですね」

ジュウベイポルカ殿、まことに
ロックブーケを解き放つ
おつもりか?」

おうよ!そのために来たんだぜ、ジュウベイ!

ジュウベイ七英雄と呼ばれ入るが、
英雄には程遠い存在…。
数多の魔獣吸収し、
すでに人間であった頃の
自我は失われている。
制御できなければ、
我らにとって新たな脅威
に放つことになるぞ」

しゃべるね、ジュウベイジュウベイである理由がわかったよ…(*´ω`)

ポルカ「でも…
従えることができれば、
強大な戦力になる」

そうだね。

そこへ走りこんでくるブラック

ブラック「…なるほど。
こいつがこの親玉か。
てめえら、手出しすんなよ。
の価値ってやつを
見せつけてやるぜ!」

戦いに1人挑むブラック

しかしあっけなくロックブーケテンプテーションをかけられ魅了されました…。

ジャンヌ強烈な一言。

16.ロックブーケとの戦い

さあやってきました、ボスロックブーケ

ロックブーケを手に入れるために育ててきた!

女子チーム

SSクリスマスモニカSSカタリナSSエレンSSアザミ、そしてSSキャットで臨みます!!

最初に戦う、ラッフルツリー、そして魅了されたブラックロックブーケとの戦闘です!

ラッフルツリー全体攻撃超音波をつかってこちらを混乱させてきます。

単体超音波なら耐えますが、全体攻撃超音波を使われた時点でリタイアします。

ロックブーケまで最初から全力でいくより、ロックブーケと戦うときに最強技を使えるようにTPを調整していきます。

そして2戦目のブラック

ブラックには弱点は表示されていませんが、打たれ弱いので、心持ち体術効果的かなと思います。

全体攻撃ブレードロールを使ってきた日には…(#^ω^)っとなりそうでした。

そうしてしのいで、ようやくロックブーケと相対します!

この時点でOverDrive全員連携できるとなお良し!です。

力を余すことなく戦いましょう!!

そうして…。

S[うるさい人はキライよ]ロックブーケを入手しましたヾ(≧▽≦)ノ

17.うるさい人はキライよ

話の分かるロックブーケ…(珍しい…)

ようせい「なんだ?あっさり引きうけたぞ」

ジュウベイ「腹に一物あるに決まっている」

この組み合わせよ…。

ロックブーケ「なにも企んでないわ。
ただ、仲間になってあげる
かわりに、」

喜んで!(2回目)

ポルカ「…もちろんだ」

兄妹のためだ。

ポルカ、頼んだよー!

そうして、忘れ去られていたのはブラック

ポルカ「そういえば
ブラックは!?」

モニカも知り合って間もないのに、ブラックの扱いを分かってますね(*´ω`)

________

ロックブーケイベントが登場したとき、

これは女の子チームがいるかも…と思いましたが、案の定でした。

女の子を育てていなかったので、1から育てることになりましたが、
何とかロックブーケを仲間にすることが出来ました(*´▽`*)至福

(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)

ロマンシングサガ・リ・ユニバース★プレイ記1~サガ愛。

スポンサーリンク