スポンサーリンク

やっていきます!
喧嘩番長乙女!!

4月8日 昼

校舎入口にいるトトマルの所でも行こうかな!

会話する

トトマルはせっかくダチになったんだから、2人で質問大会!とかおもしろくね?と。

ちょいちょい可愛いところをみせてくるな!いいよ!

トトマル「つーわけで今回はひとつ、ひかるに質問権をやろう!」
おーし、何聞こうかな?

→僕について
ケンカについて

ここは、トトマルがどうのことを思ってるかでしょう!

「僕のこと、どう思ってる?やっぱり男らしくないかな」

えー!まだ選択肢来ますか!

→その分努力しないと
どうしたらいいかな

トトマルはどういう感じがいいのかな?
とりあえず、自分で努力するところを見せてみる?にするといい反応でした

トトマル「その細腕でオレをぶっ飛ばしたんだ。変に落ち込むことねぇからな!
ほら、これって……あ!ギャップ燃えってヤツだろ?」
燃えの字が若干違うようにも思いますが、トトマルはそういうヤツだよね。

トトマルとはいい感じですね(*´▽`*)

4月8日 夕

トトマルとの下校の時間。

今日一日でいい情報は見つかったか?と聞かれますが、うーん。
ケンカ一回に、金春君にも一回接触しただけだからなあ…。

そこに黒塗りの車が近づいてきます。が下りてきて、は何かかぶせられ目の前が見えなくなり…!?

トトマルー!助けろー!

トトマルは敢え無く男にやられてしまい、はどこかへ連れていかれました。

や、これは兄貴のせいなのでは?

やっぱりーー!
ひかる女の子に何しやがる!

え?この連れてこられた家がの家になる?

施設の園長先生もひかるが唯一の肉親であると知り、引っ越しを認めたみたい…。

にしても、連れて行き方に問題あり!!

そして、は無理やり施設鈴風を退園されており、強制的にここにしか住むところがなくなってしまいました。

これにはもガチギレモード。

兄貴ケンカを吹っ掛けますが、兄貴は喧嘩苦手みたいで…。そこへ坂口さんが来て、実はの部屋は施設と同じ部屋を再現してくれていたみたいで…。

スポンサーリンク

(わ……細かいところまで全部同じだ……)

そんな年ごろの女の子の部屋を隅々まで調べたんですかねえ…。

でも兄貴共同のリビングで一緒に…たまにはゲームでも。と誘ってくれます。
ひかる「……兄妹だし」

なんだかんだで、いいお兄ちゃん?なのか…な?

そんな和やかムードになっていたところに、トトマルが心配して追いかけてくれました!!

うわー!トトマル!!!

トトマルええやっちゃなあ…!

そんなトトマルに、あれをしたのはお兄ちゃんと、理由を説明して、納得して帰ってもらいました。

それを、兄貴はちょっとジェラシー

でも。さっきのはよかったみたいで…。

こうして兄貴と一緒に住むことになりました。

4月9日 昼

兄貴も引っ越し準備を家の部下たちに手伝わせています。

兄貴極道の実家が大嫌いだそう。
(でも、ちゃっかり手伝いはさせてるんだね…(;^ω^))

そして、家の教え?みたいなので、兄貴も通いたい高校があったのに獅子吼学園に通わざる得なかったみたいで。

それで家の教えでは、獅子吼を制覇するのが基本みたいに…。

獅子吼を制覇する…それは、

んなめちゃくちゃな。

でも兄貴はエサを目の前に垂らしてきます。

学園制覇して獅子吼の番長になれば、ちゃんと女子高にもどしてくれると…。

ひかる「必要なのは、学園制覇をした事実だけだ。
それが達成されれば、すぐにでも獅子吼を辞められるって話さ」

えー!そうかなー?そう、上手いこといくかなー?

そしてさらに…!

そんなのすっとおしえてよー!

でも兄貴は普段着も男物を用意してくれて(日頃から誰に見られているかわからないから)、フィットネスバリの器具も用意してくれて…。
これはやっていくしかなさそうです。。。

(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)

喧嘩番長乙女★プレイ記1~プロローグ①。

スポンサーリンク