スポンサーリンク

やっていきます!
世界樹の迷宮X!!

引き続きビルギッタちゃんと、ビルギッタちゃんの妹分ライカちゃんを探して、東土ノ霊堂を探索します!

恐るべき狼

レッチェ「この辺じゃみない魔物だな。ビルギッタちゃん下がってな」
ビルギッタ「はいっ!」

敵はアードウルフ。ですがSECHSにかかればあっという間に倒してしまいます。

ビルギッタ「凄いです!みなさん、お強いんですね」

魔物を倒した一向は、少し開けた場所にやってきました。

そして!

ビルギッタライカ!」
ライカ「ワオーン!」
ライカちゃんって…」
レディア「ワンちゃん?」
ビルギッタ「はい!ライカ―!」

ビルギッタちゃんは賢そうな犬のライカをぎゅっと抱きしめた。

ビルギッタ「ありがとうございます!みなさん!」

オリビア「いや、いいんだ」
テオル「本当に。見つかってよかったです」

ビルギッタ「ですが…」
レディア「どうかした?」
ビルギッタマギニアはこの遺跡の事を認知しているんでしょうか?」
オリビア「そうだな…」
テオル「一度報告に行った方がよさそうですね」
レッチェ「よし。俺達も一度街へ戻ろうぜ」

一行はマギニアへと戻ってきた。

ビルギッタちゃんライカと別れた。ビルギッタちゃんは丁寧に、何度も頭をさげ去って行った。

レディア「良い子だったわね」
「また、会えるといいね!」
レッチェ「へぇ、涼ちゃんのタイプだったか?」
「ち、違うよ!」
レッチェ「ま。クワシルの酒場に一度報告に行こうぜ」

クワシルの酒場
クワシル「いやー!みなさん!女の子を見つけてきてくれたんだねえ」
レッチェ「まあ。他にも色々あったけどね…それよりおっちゃん。報酬!」
クワシル「わかってるよお!さあさ!先ずはお酒でも飲んで!」

報酬150エンを受け取りました。

そして司令部へー。

司令部ではペルセフォネがきびきびと命令を飛ばしている。

→「SECHSです、と告げる」
「ヤギ追いの勇者です、と告げる」
「池のヌシ釣りです、と告げる」

スポンサーリンク

ペルセフォネSECHSか。思いだしたぞ。何?この都市の北西に謎の遺跡があるだと…?」
「そうなんです」
ペルセフォネ「先に見つけた冒険者の特権。調べてはくれぬか?」

「力強く頷く」
→「任せておけと答える」

ペルセフォネ「フフフ、小気味良い返事だ」

ミッション
遺跡を調査し詳細な地図を描け!
を受けました。

レッチェ「今度はしっかり調べようぜ」
再び遺跡へと戻ってきた一行です。

小動物とクルミ

オリビア「これ、食べれそうだな」
レディアクルミね。うん、エネルギーになるわ」

テオル「みなさん、和んでいるところで申し訳ないのですが」
レッチェ「あっちに凄いのが居るぜ」

ボス、大いなる花獣

テオル「守りは任せてください!」
レッチェ「結構、堅えじゃねえの」
が弱点だよ!俺に任せて!」
レディア「ああっ!魔法を封じられるわ!」
オリビア「初手のボスとはいえ厄介だな」

回復をしつつ、の魔法とオリビア、そしてレッチェの攻撃で削りきる。

レディア「やったわ!」
オリビア「奥に何かあるな…」

魔物の奥には磁界軸があり、触れると外に出る事が出来ました。

地図も出来たし、ペルセフォネの所へ行こう」

________

「得意げに地図を差し出す」
→「冷静に地図を見せる」

ミッションクリア!

ペルセフォネ「やるなSECHS。ここマギニアが着陸した島をはじまり島と呼ぶ。そのはじまり島の隣にそう緑溢れる島を幽寂ノ孤島と名付けた」

ミッションクリアの報酬として500エンを手に入れた。

そして。。。

アイテム奇跡の指輪も手に入れる。

奇跡の指輪はパーティーメンバーに居ない、ギルドで待機しているメンバーに少しの経験値が入るアイテムだ。

ここで他にメンバーを26人登録した。またメンバーが登場するたびに紹介しよう。

レッチェ「次は?」
オリビア「幽寂ノ孤島だな…」
テオル「楽しみですね」

☆シンプルスケッチ★迷宮スケッチ3☆
回復なら任せて

(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)

世界樹の迷宮Xプレイ記★1~メンバー紹介。

スポンサーリンク